デフィ・ジョルジュマルソー

ジョルジュマルソーの基地局が福岡の西中洲にひとつ増えました。

8月ワイン会を終えて 

今回で16回目となる、デフィワイン会

テーマは「南アフリカワインの魅力」をお伝えしました。

 


12:30ワイン会スタートです。

担当の北野があいさつをして、15分ほど南アフリカワインについて説明させて頂きました。皆さん真剣に聞いてくださるのでこちらも熱が入ります。

 


ワインは「シュナンブラン」を2種類、赤は南アフリカといえば「ピノ・タージュ」をご準備致しました。 

実はシュナンブラン2種類は販売価格が1,000円程違うもので品種も作り手も同じにもかかわらずなぜ高いものと安いものが生まれるのか、その違いを飲み比べて頂きたいと思い今回選ばせて頂きました。

皆さんに試飲して頂く際も値段がいくらするかは言わずにどちらが美味しいと思うか伺ってみたところ、ほとんどの方が高い方を支持しました。皆さん流石です。

 

飲み比べると、安価な方はファーストインパクトは華やかさがあって素晴らしいワインなのですが、味わいの深さ、複雑さ、余韻などを比べていくとその差は明らかでした。私自身も大変勉強になりました。

 

そして、ワインに合わせてシェフ松岡のコース料理もしっかりとご準備しております。

 


白ワインに合わせて

サーモンのカルパッチョ

 

 

 


赤ワインには

ビーフシチュー

 

 

 

 


デザートには「南アフリカのラタフィア」をご準備致しましたので

ガトーショコラを合わせてみました

 

 

 

さすが、松岡シェフどのお料理もワインにとても合っていて皆様大喜びでした。

 

デフィ・ワイン会も始めて1年半ほどになりますが、最初はテーマを決めてマリアージュを楽しんで頂くような内容で進めておりましたが、最近少しだけワインに対して疑問に思うようなこともテーマに入れ込んで、実際に飲み比べて違いを感じて頂くように心がけワイン会をグレードアップしお届けしております。

皆様が、レストランなどへお食事の際にワインを選ぶ楽しみが増えることを祈りつつ、

来月もデフィワイン会を開催いたします。

毎回多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございます。

 

 

来月のテーマは「ポルトガルワインの魅力」です

皆様のご参加心よりお待ち申し上げております。

まずはお気軽にお電話ください。 (担当:北野)

 

 

 

 

トップへ戻る