デフィ・ジョルジュマルソー

ジョルジュマルソーの基地局が福岡の西中洲にひとつ増えました。

「ドメーヌ アラン ビュルゲ」 ランチセミナーに行って参りました。

この度、フランス・ブルゴーニュより「ドメーヌ・アラン・ビュルゲ」の生産者であるジャン・リュック・ビュルゲ氏が来日するということでJALUX(ジャルックス)さんのご厚意でランチセミナーに参加させて頂きました。

「ドメーヌ・アラン・ビュルゲ」はジュブレ・シャンベルタン村の中央に本拠地を置くドメーヌで、1979年設立当初より一切化学肥料や除草剤を使わず、年に数回手作業で除草剤を行うといった有機栽培に取り組んでいるブルゴーニュにおける自然派の先駆け的存在で、そのピュアでエレガントなワインは世界を魅了しています。

 

現在ワイン造りはアラン・ビュルゲ氏から2人の息子、ジャン・リュック氏とエリック氏に引き継がれており今回は弟のエリック氏が来福しセミナーの中心となってお話をしてくださいました。

ホテル日航福岡「セレブリテ」が会場ということで、中へ入るととてもにこやかなエリック氏がおりました。

 

ワインのラインナップ

 

「Bourgogne Rouge Le Pince Vin 2014」

 

「Gevrey Chambertin Symphonie 2013」

 

「Gevrey Chambertin Mes Favorites V.V. 2013」

 

そして、ワインに合わせた料理をご用意いただき

 

ワインも一つ一つ丁寧に解説を頂きながら進んで参りました。

 

ワインを単体で飲むとほんとにピュアなんですが、

 

比べるとその差がはっきりと分かり、芯強さそして余韻の長さ、

 

溢れんばかりの果実味が順に増していき造り手の気持ちが伝わって参ります。

 

今回、JALUXの杉浦さんのご厚意でこのような会を開いて頂き大変貴重な経験をさせて頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 

私も、ソムリエとしてワインの造り手の想いを伝えていけるように日々精進して参りたいと思える素晴らしいセミナーでした。

 

 

 

 

トップへ戻る