レストラン・ジョルジュマルソー

九州は福岡でしか食べられないフランス料理はここにあります。

13キロのアラが入荷しました

ジョルジュマルソーは週に3回ほど、唐津漁港より鮮魚を生きたまま仕入れております。

 

 

海の恵みですので当然思うように仕入れが出来ない事もあります。

 

 

そんな中、今朝13kgの特大アラが届きました。

 

 

アラ13

 

 

シェフ小西も、活締め神経抜きをするにも苦戦するサイズです。

 

 

神経抜き

 

 

活締め神経抜きとは、神経を破壊し、鮮度の良い状態を長持ちさせる技法です。

 

 

脊髄骨の各位置から筋肉の神経につながっているので、針金状の器具を使って

 

 

神経針を通し破壊する事によって新鮮な味わいと栄養分を残します。

 

 

このアラは5日間ほど熟成させた8月2日頃から食べ頃を迎えます。

 

 

ぜひ、ご来店お待ちしております。   

 

 

神経抜きの動画はコチラ をご覧ください。

トップへ戻る