レストラン・ジョルジュマルソー

九州は福岡でしか食べられないフランス料理はここにあります。

嬉野へ。

 

過日のイベントでご一緒した茶農家、副島園さん。

 

イベントを通して日本茶の魅力を教えてくださり、

 

「是非もっと知りたい!」ということで、今回お邪魔してきました。

 

 

副島園さんは佐賀県嬉野市で三代続く茶農家で、

 

20年ほど前からは減農薬、完全無農薬などにも取り組まれ、

 

安心安全な茶造りに向き合っていらっしゃいます。

 

 

この日はまず、茶畑を一望できる場所に設けられたスペースで、

 

お茶を頂くことから始まりました。

 

 

まるで浮遊しているかのように見えるそのスペースは、

 

土の匂いや風の肌触りを感じながら過ごせる素敵な場所でした。

 

 

一煎目、二煎目と大きく印象の変わるお茶を頂きながら

 

色々とお話を伺いました。

 

 

「お茶の新しい楽しみ方の提案」や、

 

「減農薬、無農薬という新たな価値の付加」など、

 

新たな取り組みに積極的でいらっしゃるその裏には、

 

「茶農家が年々減っていくこと」や、

 

「若い世代のお茶離れ」などの問題があり、

 

嬉野がこの先10年、50年、100年と

 

茶の名産地で在り続けることに直結する取り組みであるようです。

 

 

ペットボトルのお茶、その利便性は代え難いですが、

 

急須で入れるお茶は、お湯の温度や葉の量、置く時間などで

 

仕上がりは千差万別、その面白さがあります。

 

そして急須で入れる時間そのものが、

 

心落ち着ける時であるように思います。

 

 

家庭でも気軽にお茶を楽しむ時間が増えるように、

 

お茶の美味しさを伝える取り組みを、

 

私たちジョルジュマルソーもグループとして行動していきます。

 

 

そのためにはまず、自分たちが学ぶこと。

 

楽しみながら勉強です。

 

 

副島園の皆様、

 

お忙しい中ありがとうございました。

 

また是非、お話を聞かせてください。

トップへ戻る