レストラン・ジョルジュマルソー

九州は福岡でしか食べられないフランス料理はここにあります。

秋の食材。

朝晩は随分と冷え込むようになり、

 

食事やワインを選ぶときのイメージも、

 

質感がしっかりめのもの、

 

厚みのあるもの、

 

味わいの濃いもの、

 

温度の高いもの、

 

といったように変わりつつある今の時季ですが、

 

ジョルジュマルソーにそんな秋の食材が届き始めました。

 

 

まずは『白トリュフ』。

 

o0800060011513207591

 

その溢れる高貴な香りは、

 

あの美食家、ブリヤ・サヴァランをして「媚薬」と言わしめたほど。

 

 

フォアグラのソテーに添えたり、

 

ジビエと共にお持ちしたり。

 

しかし毎年お越しになるほとんどのお客様が、

 

白トリュフを贅沢にたっぷりと振りかけた『リゾット』をご希望されます。

 

イタリアの食材を用い、フランス料理の解釈で仕立てるリゾット。

 

きっと 想像されているものとは一味も二味も違うことと思います。

 

 

 

そして少しインパクトのある写真でご紹介ですが・・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

o0800060011663436601

o0800060011631257124

 

フランスより『コルヴェール(青首鴨)』です。

 

蓄えた脂の旨味、しっかりとした肉質に合わせるのは、

 

そのガラと肝などで仕立てる ”ソース サルミ ” 。

 

素材の旨味を余すところなく使い切る一皿は、

 

「季節の恵みを食べる」といった趣でしょうか。

 

 

 

白トリュフには熟成感のあるブルゴーニュの白ワイン、

 

コルヴェールには落ち着いた年代の赤ワインなどご用意しております。

 

 

 

これらを使ったコースは20000円からご用意しております。

 

いずれの食材も数量限定でございますので、

 

是非ご予約時にご確認くださいませ。

トップへ戻る